車の鉄人

車のお困りごとから車の高く売る方法など紹介します。

  • スポンサーリンク

    スポンサーリンク



レアでモダンなラクティスの特徴を完全マスター

toyota ractis

トヨタ ラクティスは、トヨタからコンパクトトールワゴンと謳われて発売されました。コンセプトは、「思い通りのレスポンス、カッコイイスタイル、かつてない解放感、広大なスペース、低燃費低排出、軽快な走り」です。

中古車市場において、ラクティスの特徴から高く売れる理由を探ると、ファミリー向けに優れているという点が挙げられます。

コンパクトで収納力に優れる状況をもう少し理解してもらいたい

ラクティス 室内
ファミリー向け車の特徴としては、コンパクトで小排気のエンジンを搭載し、広い社内空間を確保、経済的にも走行性においても優れています。

外観はスタイリッシュで、車の外観にこだわる男性からも好評を得ています。外観の見た目から想像する以上に、室内の天井は高く感じられ、圧迫感がありません。車内空間の広さには、居住スペースのみならず、ラゲッジスペースにも工夫が見られます。

大容量のラゲッジスペースを搭載しており、シートアレンジによってラゲッジルームの調整も可能になっています。

どうやら運転と乗り降りが楽な点が本気出してきた

トヨタ ラクティス
現行のラクティスは、空気抵抗を弱めるために旧型より車高を55mmほど低くデザインされましたが、もともと車高が高いので、視野が広く運転しやすいです。

車高を低くしても、シートポジションを下げるなどの工夫がなされており、コンパクトでありながらスペースが大容量な点は変わっていません。これらの点が、長距離の旅行や大き目の買い物を行う際にチャイルドシートを搭載しての子供の乗せおろしも楽です。

車の外観にこだわるお父さんや、駐車や狭い道の運転がちょっと苦手なお母さんにも好評です。

「こいつは何者」って言っただけで兄がキレた

ラクティスカスタマイズ
トヨタ ラクティスは1.5Lクラスのハイトワゴンに分類されますが、ミニバンに分類される場合もあります。またコンパクトカーと比較されることも多いです。

コンパクトカーに比べると車体が大きく、クルーズコントロールを搭載、街乗りにも長距離にも対応する仕様が、走行中の快適性を確保してくれています。

次世代型選ばれる理由の条件を考えてみるよ

ラクティス後ろ

価格帯においても、ミニバンと軽自動車のちょうど間に位置する、手ごろな価格帯となっているのも選ばれている理由です。この価格帯の内装としては、高級感はないものの機能性に優れスタイリッシュなデザインで、落ち着いた仕上がりで幅広い年代の方に選ばれやすくなっています。

ラクティスは、ミニバンでは値が張るし、運転技術に不安がある、軽では容量や走行性等に不安がある、その中間を求める家族には選ばれ高い評価を得ています。

  • スポンサーリンク

    スポンサーリンク